BOSS ボス専門 OD-1 CE-1を生み出したBOSSのGuitar Effector ボス・エフェクターのレビュー

BOSSのマルチエフェクター専門レビュー【松美庵】

BOSSエフェクター専門のレビューサイト、BOSSのオーバードライヴやディストーション、コーラス、ディレイ等のGuitar/BASS Effectorをご紹介していきます。

現在位置 > TOP> BOSSのアンプ・シミュレーター> BOSS TM-7 のレビュー

BOSS TM-7 GUITAR MONITOR

BOSS TM-7 GUITAR MONITOR のレビュー

10段階評価 コメント
音質 6 Marshall系の歪み
操作 5 AMPのような操作,ややツマミが多い
信頼 4 プラ筐体、ツマミがグラグラ
価格 6 中古で2000円ぐらい
総合 6 これでクリーンが出れば完璧なんだが
評価は5が普通の基準で前後する目安としてください。



BOSS TM-7 GUITAR MONITOR
またまたオークションにて安くゲットした。興味本位で落札したまでは良かったが、使い道も思いつかず(^_^;)。最近になってようやく使いこなしてきたので、レビューする気になった。

ほとんどの用途がヘッドフォンでの自宅練習用だが、歪みエフェクターとしてアンプに繋いでもかなり面白い。まず、GAIN、VOLUME、MASTER、OUTPUT LEVELと4段階のボリューム調整があり、それぞれ歪み方が違い、微妙な調整が出来る。音はBOSSお得意のちょっとこもった感じだが、TREBLEつまみをいっぱいにして、歪みをきつくすると、かなり良い歪みを得られる。OD-2と比較してみたが、松美庵の好みではこのTM-7の方が好きである。

さてヘッドフォンを繋いでみる。そして写真のようなケーブルを使い、パソコンや音響機器のアウトからTM-7のラインインへ繋ぐ。ラインの音量調整は出来ないので、MASTERでギターとのバランスを取り、OUTPUT LEVELで全体音量を決める。このような時は歪みボリュームは3つということになる。

ヘッドフォンでの曲のコピーは上記のようなセッティングで行うのだが、試しに「CENTER CANCELER」を使ってみた。おぉ、確かに真ん中の音がカットされる。更に「CANCEL ADJUST」というツマミで左右の音を可変できるのだ!これがすっごく便利である。ギターの音は大抵は左右どちらかから聞こえてくる(特にバッキング)ので、コピーするときにギターの音だけ強調して聞こえるようになる。なので今まで聞き取りづらかったフレーズもはっきりと聞こえてくるのである。となりについている「BASS」ツマミは単に低音を補正するだけ。真ん中の音が無いと言うことはベースやバスドラの音も無くなるので、低音を補正しないと聞きづらくなる、その為のツマミだ。

松美庵はまだ宅録はしないので判らないが、このTM-7は宅録でも威力を発揮するそうだ。入出力の端子は豊富だし、センドリターンも付いている。

欠点はクリーンな音が出ないこと。ハムバッキングだと、どんなにゲインを絞っても歪んでしまった。これは宅録する人にとっては致命的な欠点だと思う。もうちょっと考えて作って欲しかった。

なので深夜早朝練習用&バッキングコピー用プリアンプって感じですな。

オークションでもハードオフとかでも結構安くあるので、一台持っていても損は無いと思う。

姉妹サイト ギター・エフェクターの自作改造【松美庵】 松美庵のジャンク日記 ギターエフェクター専門レビュー【松美庵】
Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】 旅・温泉&銭湯ブログ マルチエフェクター専門レビュー【松美庵】


copyright(c). BOSSエフェクター専門レビュー【松美庵】all rights reserved.