BOSS ボス専門 OD-1 CE-1を生み出したBOSSのGuitar Effector ボス・エフェクターのレビュー

BOSSエフェクター専門レビュー【松美庵】

BOSSエフェクター専門のレビューサイト、BOSSのオーバードライヴやディストーション、コーラス、ディレイ等のGuitar/BASS Effectorをご紹介していきます。

現在位置 > TOP> BOSSのコーラスとフランジャー> BOSS CE-20 のレビュー

BOSS CE-20 Chorus Ensemble Dimensional Processor

BOSS CE-20 Chorus Ensemble Dimensional Processorのレビュー
10段階評価 コメント
音質 9 多彩なコーラス音
操作 7 多機能な割に判りやすい
信頼 5 今のところ故障なし
価格 6 良い音の割に安いと思う
総合 7 これにディレイが付けば完璧
評価は5が普通の基準で前後する目安としてください。

コーラスの最高峰とも言えるツインペダルシリーズのCE-20。「Dimensional Processor」と銘打ってあるようにあらゆる空間をモデリングしている。

いろいろな種類のコーラスをモデリングしていて、更に4種類のプリセットがペダルで呼び出せると言う「マルチ・コーラス」と言って良いほどの逸品。

まず目に飛び込んでくるのは「CE-1」のモデリング。音を聞くとCE-1よりハイファイな感じでこもった音ではない。CE-1のオリジナル機は元々ギター用に作られたものではないので、繋ぐだけで原音さえも音がこもってしまう。なので入力部を改造しないと使えない。
しかしCE-20ならばCE-1のニュアンスでハイファイな音を出せるし、2バンドのトーンが付いているのでコモった感じにもできる。全体的には深く広がる雰囲気。

次に「Dimensional D」と書いてある。マニュアルを調べてみたらなんと!Roland SDD-320ということだ。あのレアなDC-2の前身で2Uのラック仕様だ。当時初めて「完全なステレオ仕様」のコーラスとして発売された。現在では玉数も少なく超レアな機種だ。松美庵も若い頃これ欲しかった(+_+)。
音はウォームでうねりが少なく自然に広がるような空間を作ってくれる。

面白いのは「ACOUSTIC」アコギに合うようにギザギザした音域を強調しているらしく、ストラトのハーフトーンだとアコギみたいな音になり、アコースティック・シミュレーターみたいな感じだ。マニュアルによると「音揺れが少なく、自然なコーラス効果」だそうだ。

たくさんのツマミがあるが、コーラスを使ったことのある人ならすぐに把握できる。普通のコーラスにトーンが付いている感じ。
見慣れないツマミが2つ「BRILLIANCE」と「AMBIENCE」だが、こちらはデジタル・リバーヴのようだ。
「BRILLIANCE」が深さで「AMBIENCE」がエフェクト・レベルのようだ。

ペダル操作は、左側のペダルがエフェクトのON/OFF、右側のペダルがプリセットの呼び出し。操作は単純で、左のペダルを次々押すとメモリー番号が1から4へ移動し、最後にマニュアル操作になる。
プリセット方法は各ツマミで位置を決めたら「WRITE」を押し「SELECT」で番号決めて再度「WRITE」を押せばメモリーに記憶される。

これだけの機能や音をかんたんな操作で出来て、リバーヴまでをもプリセットできると言うのは大変素晴らしいと思う。

姉妹サイト ギター・エフェクターの自作改造【松美庵】 松美庵のジャンク日記 ギターエフェクター専門レビュー【松美庵】
Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】 旅・温泉&銭湯ブログ マルチエフェクター専門レビュー【松美庵】


copyright(c). BOSSエフェクター専門レビュー【松美庵】all rights reserved.