BOSS ボス専門 OD-1 CE-1を生み出したBOSSのGuitar Effector ボス・エフェクターのレビュー

BOSSエフェクター専門レビュー【松美庵】

BOSSエフェクター専門のレビューサイト、BOSSのオーバードライヴやディストーション、コーラス、ディレイ等のGuitar/BASS Effectorをご紹介していきます。

現在位置 > TOP> BOSSのワウとイコライザー> BOSS GE-7 のレビュー

BOSS GE-7 7Band Equalizer

BOSS GE-7 7Band Equalizerのレビュー

10段階評価 コメント
音質 6 ±15dbなので自由に音を作れる
操作 5 ごく普通の操作
信頼 7 他メーカーと比べてガリが出にくい
価格 5 中古で5000円ぐらい、まずまず
総合 7 ごく標準的で品質も安定している
評価は5が普通の基準で前後する目安としてください。






ごく標準的な7バンド・イコライザー

可変幅が±15dbあるので、幅広い音を作ることができる。中音を低くしてドンシャリとか、逆に極端に高くして、ワウの半止め音とかいろんな場面で活躍してくれる。また中低音を強調してブースター的な使い方にも重宝する。

他のメーカーもほとんどこれと同スペックで発売しているので、この周波数帯と可変幅が使いやすいのだと思われる。

BOSSの偉いとこは、スライド・ボリュームの欠点とも言える「ガリ」が出にくいことだ。数社のグラフィック・イコライザーを使ってたが、ほとんどのメーカーはガリが出やすく、接点復活剤をかけても治らない場合が多い。その辺、BOSSは信頼性がある。

もうひとつBOSSならではの特徴は「歪みエフェクター」になるんです!
これは知る人ぞ知る使い方だが、全てのスライド・ボリュームをいっぱいにすると、イイ感じに歪む(^o^)丿。
全てフルテンのままだと高音が暴れ、低音もブーミーだ。ここは音をいじるイコライザーだから高音と低音を少し下げると、粘りのある自然な歪みが得られるようになる。
これは増幅回路のオペアンプが歪んでいる状態で、同じGE-7でも古い日本製の頃のだと、俗に言う「4桁シリアル」のオペアンプを惜しげもなく使っているので歪みの質も違ってくるはず。

まだ現行機種でロングセラーを続けている 。最近のはACアダプターがPSA-100対応になったようだ。

姉妹サイト ギター・エフェクターの自作改造【松美庵】 松美庵のジャンク日記 ギターエフェクター専門レビュー【松美庵】
Marshallエフェクター徹底研究【松美庵】 旅・温泉&銭湯ブログ マルチエフェクター専門レビュー【松美庵】


copyright(c). BOSSエフェクター専門レビュー【松美庵】all rights reserved.